RECRUIT

採用情報

自分も周りも
「楽になる」プログラマーに。

システムエンジニア 3年目 島健人さん

3つのポイント

  • 求められるのは高い提案力
  • 自分とお客様を「楽にする」工夫を
  • みんなの意見が尊重される職場です

お客様の想像を超えてこそプロ。

入社後1年ほどWebサイトのメンテナンスやアプリケーションの開発に携わり、現在は提携先の協力会社に常駐しています。経験が浅くても、お客様にとってはお金を出して雇っているプロのエンジニアです。もちろんプレッシャーもありますが、やりがいをもって働けています。

どのような案件を手がけるにしろ、心がけているのは「なぜそれを作るのか?」を明確にすること。アプリの開発であれば、お客様は完成形のイメージで「こういう挙動をするようにしてほしい」とリクエストされることがほとんどですが、それをそのまま形にするのでは不十分。そもそもなぜその挙動なのか。その目的を、より良い形で実現する方法はないのか。ディスカッションを通じてお客様の要望を再解釈し、最も適切な方法を提案する。このプロセスをしっかりと踏み、当初の想像を超える形を生み出すことこそ、プロとして果たすべき役割だと感じています。

そのために大切にしているのは、いい意味で「いかに楽にできるか」を考えること。例えば先日、お客様からアプリケーションにある機能を設けてほしいとの要望を受けました。そのまま実装できなくはないものの、少しプロセスが煩雑になる機能です。こういう場合は必ず、少し立ち止まってもっとシンプルな方法がないかを考えます。結果、同じ役割をもっと少ないプロセスで果たせるような処理方法を思いつき、お客様に提案しました。こんな風に、開発側もお客様も楽できる提案ができたときは、プログラマーとして価値ある仕事ができたのではないかと、少し自信が生まれます。

積極的に意見交換できる風土があります。

最近ではプライベートの時間を使って、Haskellの勉強も始めました。業務で使うのはC#やSwiftなので、ほとんど趣味の領域ですが、学んでみると異なる言語同士でも共通する仕組みや考え方のようなものが見えてきて興味深いですね。プログラミングに触れる時間が増えたおかげか、最近ようやく他の人が書いたコードからその意図が汲み取れるようにもなってきました。

開発はチームで手がけることも多いため、プログラマー同士の意見交換は重要です。その点、技術のことに限らず、何でも発言できる風土があるのがこの会社の良いところ。「経験年数が浅いから」という理由で口ごもることもありません。だからこそ、これから一緒に働くのも、しっかりと自分の意見を言える人が好ましいですね。前向きに意見を交わすことで互いがもっと「楽」になれるような、そんな新たな仲間をお待ちしています。

その他のインタビュー

未経験から3年、一人で
プロジェクトを担当するまでに。

システムエンジニア

山本拓己さん

入社3年目

CONTACT

お問い合わせ

まずはお気軽にご相談ください。