Power Apps 入門 ~初めてのアプリ作成~

suzuki_blog.png

こんにちは!フロッグポッドの鈴木です。

今回は初めてPower Appsに触れる初心者の方に向けて記事を書いてみました。

一番最初に作成する時は、知識も経験もないのでわからないことだらけで不安ですよね。

その悩みをなるべく解決できるように、難しい関数などは一切使わず、既にあるデータからアプリケーションを自動作成する方法をご紹介します。

 

今回作成するアプリケーション

・従業員情報管理アプリ

エクセルでまとめられた従業員情報を利用して、以下の機能をもっているアプリケーションを自動作成します。

    • 登録
    • 更新
    • 削除

データソースの準備

まずはデータを保存するデータソースの準備を行います。

Power Appsではデータソースに様々なサービスを利用できるのですが、今回はExcelを使用して作成します。
(データソース一例:SharePointリスト、Dataverse、Azure SQL Database...etc)

Microsoft 365にログイン

まずはブラウザでMicrosoft 365にログインしてExcelを開きます。

その後、「新しい空白のブック」を選択してください。

Microsoft 365ログインページへはこちらから移動できます。

*今回はExcel Onlineを利用して作成していますが、ご自身のPCにインストールしているExcelでファイル作成してOneDriveにアップロードしていただいても同様の結果となりますのでお好きな方で作成してください。

suzukiスクリーンショット 2022-11-04 145610.png

テーブルにカラムを作成する

作業の前に、Excelファイルにわかりやすいように名前を付けてください。

*今回は「従業員」という名前にしました。

Excelの1行目にカラム(項目名)を入力し、テーブルを作成します。

suzukiスクリーンショット 2022-11-04 150305.png

suzukiスクリーンショット 2022-11-04 150902.png

「先頭行をテーブルの見出しとして使用する」にチェックをいれてOKボタンを押します。

suzukiスクリーンショット 2022-11-04 151041.png

これでデータソースの作成ができました。

ではExcelのタブは一度閉じてPower Appsを開きましょう。


(Microsof 365 ホームで)左上のアイコンをクリック。(アプリ一覧が表示されます)

画面の中にPower Appsがある場合は、そちらをクリックしてください。
*表示されていない場合は「すべてのアプリ」をクリックして表示された画面でPower Appsを探してください。

suzukiスクリーンショット01.png

suzukiスクリーンショット 2022-11-04 152316.png

Power Appsの画面に移動したらExcelをクリックしてください。

suzukiスクリーンショット 2022-11-04 152511.png

接続で「OneDrive for Business」が表示されていると思うので、作成ボタンをクリックしてください。

*OneDrive for Businessと接続するためのコネクターを作成しています。

表示されていない場合「+新しい接続」からコネクタ一覧が表示されますので、一覧から選択してください。

suzukiスクリーンショット 2022-11-04 152740.png

先程コネクターを追加した「OneDrive for Business」をクリックするとご自身のOneDrive上のファイル一覧が表示されます。

作成した「従業員.xlsx」を選択します。

suzukiスクリーンショット 2022-11-04 153805.png

テーブルの選択画面では、「テーブル1」を選択し、接続ボタンを押してください。

*テーブル名がテーブル1ではない場合もあります。

suzukiスクリーンショット 2022-11-04 154424.png

~データ読み込み中~

スクリーンショット 2022-11-04 155337.png

アプリ完成!!(パチパチパチ)

suzukiスクリーンショット 2022-11-04 155945.png

データソースからこんなにも簡単にアプケーションを自動生成することができます。

 

*表示されている画面は一覧画面です。

プレビューモードにして「+」ボタンを押すと新規情報登録できるので、データ追加してみて一覧画面に表示できるか試してみてください。
データの新規登録や更新・削除等の機能も自動作成してくれているので、だったこれだけでアプリケーションの作成して利用することができます。


日常の業務で考えてみると、メールにエクセルデータを添付して、データのやり取りをしていませんか?
そのやり方の場合、よく最新版を誰がもっているのかわからなくなったり、更新されるごとにメール送付したり、データの共有に多くのムダな時間を割いていると思います。

今回の様にアプリケーションに自動変換して共有すれば、誰でもPower Appsを通じて最新データを表示・更新することが可能となり、情報の一元化をおこない業務効率を高めることができるようになります。
更に毎回書くメール送付もPower Automateを使えば、新規にレコードが登録されたのをきっかけにして、内容を自動送信することすら出来てしまうのです。

 

如何でしたでしょうか?

今回は初めてPower Appsに触れる初心者の方に向けて記事を書いてみました。

アプリケーション内の話とかは今回ほとんど書けなかったので、また次回の記事にしたいなー。と思います。

 

以上、フロッグポッドの鈴木でした。

最後までお読みいただき、ありがとうございましたー!

お気軽にご依頼・ご相談ください

前へ

驚愕の画像圧縮サービス!「squoosh」とは?